大磯・平塚の湘栄建設TOP>住宅購入の流れ

住宅購入の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームは湘栄建設から始めよう。

ご予算、住宅ローンのご相談、宅地のご紹介から調査、プランニングサービスまでと徹底してマイホーム作りをコーディネート。自由設計を駆使してライフスタイルに合わせた、着心地の良いプランニングと個性豊かな外観デザインをご提案します。自社技術スタッフの現場管理と熟練した職方により一生の住まいを丁寧に作り上げます。また、工事途中も各段階によってお客様自身にて検査の立会いをしていただき、安心と満足の住まいづくりを心掛けています。

湘栄建設のこだわりの住まい作り

劣化対策

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施行)は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う 廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らし への転換を図ることを目的としています。

構造の安定性

耐震構造ー耐震等級3で設計します。 「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。湘栄建設は最高等級、耐震等級3で設計しております。(建築基準法の1.5倍の耐震性です)また第三者の構造チェックにより確かな品質をご提供いたします。万が一の震災時も安心な耐震保証付きです。(耐震保証の期間は瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です) 詳しくはこちらをご覧ください。

ホルムアルデヒド対策

平成12年4月1日に「住宅の品質確保の促進等に関する法律(通称:品確法)」が施行されました。その柱の一つ、「住宅性能表示制度」には10の性能表示事項があります。この性能表示事項のうちのひとつが温熱環境、省エネルギー対策等級です。省エネルギー対策等級が高ければ、それだけ建物の断熱性が上がります。したがって暖冷房費を節約することができます。また、省エネルギー対策等級が高い住宅に対してはさまざまな補助・助成制度が近年、増えています。

温熱環境性能

高齢者への配慮

ベタ基礎とは、基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

湘栄建設のベタ基礎の配筋は底板部はD13(φ13)以上の鉄筋を200mm以下の間隔で縦と横に配置し主筋にはD16(φ16)を使用します。基礎の立上りの幅を150mm、底板の厚さを150mmとし、立上りの高さを地面から410mmを確保します。

世界で起こる巨大地震の5回に1回は、日本で発生しています。 湘栄建設ではLIXILの「スーパーストロング構造体バリュー」を採用。 耐震設計により一般的な木造軸組住宅の耐震性能を高め、万が一地震の揺れで住まいが全壊した場合も、最高2000万円まで建替え費用の一部を負担する「耐震補償付き」で地震に負けない暮らしをサポートします。 スーパーストロング構造体バリューの「安心基準」その答えは「耐震等級3」相当の設計にあります。 「耐震等級3」は国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。

万が一、スーパーストロング構造体バリューで建築した家が地震の揺れにより全壊した場合、最高2000万円までの建替え費用の一部を負担します。

住宅販売の流れ

湘栄建設のトリプル0(ゼロ)

諸条件により変わる場合がございます、詳しくはお問い合わせください。

トップへ戻る